ニュース

生物多様性民間参画パートナーシップ行動指針を改定しました

2018年11月20日

生物多様性民間参画パートナーシップ参加団体各位

 時下ますますご清祥のことと存じあげます。
 さて今般、経団連生物多様性宣言・行動指針が改定されたことに伴い、
「生物多様性民間参画パートナーシップ行動指針」も改定となります。
今回の改定は、SDGsやパリ協定の採択といった、この間の環境変化を
踏まえて検討のうえ改定したものであり、愛知目標の最終年度に向けて、
生物多様性民間参画パートナーシップの活動目的が変わることはございま
せん。
 そこで、この機会に行動指針の改定版を是非ご一読いただき、引き続き
生物多様性条約の目的達成のため、積極的な活動を継続いただきたくお願
い申しあげます。
 生物多様性民間参画パートナーシップの参加団体数は、日本国における
生物多様性の主流化の一指標として、今般環境省より生物多様性条約締約
国会議事務局へ提出される「生物多様性条約第6回国別報告書」にも記載
されております。引き続き多くの事業者・団体に参加いただき、共に持続
可能な社会の実現に向けた活動を行っていただきたく、重ねてお願い申し
あげます。

生物多様性民間参画パートナーシップ事務局

生物多様性民間参画パートナーシップ行動指針(2018/10/16改定)